PROFILE

営業事務

H. I.

短期大学部 家政科卒/2019年新卒入社

いつも誰かに見守られている安心感がある

入社動機

両親が建築やインテリアに携わる仕事をしていることもあって、以前から建築業界に興味がありました。就職活動では「建築に携われる事務職」という軸で企業を探し、母にもアドバイスをもらいながらハウスメーカーやゼネコン、商社など、大手を中心に建築関係の企業をいくつか受けました。
その中で、山本商会に惹かれた一番のポイントは、創業90年という歴史があること。将来のことを考えると、会社として長く続いている点は大きな安心感がありました。また、パンフレットに載っていた社長のお言葉からも、社員を第一に考えている姿勢を感じましたし、実際に最終面接で社長にお会いしたときに、私の入社試験の内容を見ながら「ここわからなかった?」「お母さんになったときに大丈夫?子供にちゃんと教えられる?」と、親身になって心配してくださったことがとても印象的でした。そのフレンドリーなやり取りに「本当に社員思いの会社なんだな」と実感し、この会社に入りたいと思いました。

入社当時の思い出

入社して半年ほど経った頃、大きなミスをしたことがありました。お客様からある商品を受注したときに、仕入先に「いつ納品できるか」ということを確認せずに発注を進めてしまったんです。あとで仕入先から届いた伝票を見て、通常の配送手配ではお客様の納品希望日時に届かないことが判明。慌てて営業の方に商品を引き取りに行ってもらい、直接配達することでなんとか間に合わせることができました。営業の方は「気にしなくて良いよ」と言ってくれましたが、本当に申し訳ない気持ちでいっぱいで、次の日も謝りっぱなしでした…。
この失敗をしてしまったのは「いつもこれくらいの時間で手配できるから、今回も大丈夫だろう」と勝手に判断したことが原因でした。それからは、発注前に必ず仕入先と日程調整を行うことはもちろん、納品日時や納品先に関しては1回の確認で済ませず、自分からお客様に2回、3回と電話をかけて連絡し、「この内容で大丈夫ですか?」と確認をとるようになりました。

仕事のやりがい

最近は、お客様との会話の中で「いつもありがとう」「お疲れさま」と声をかけていただけることも増えてきました。少し風邪気味で鼻声だったりすると、「いつもと声が違うね。お大事にしてね」と体調を気遣ってくださるお客様もいらっしゃいます。お客様とは電話でのやり取りだけで、顔を合わせる機会はほとんどありませんが、何度も電話での対応を重ねる中で、少しずつ距離が近づいている実感があって楽しいですね。
また、営業の方から仕事を任されたり、その仕事を終えたときに声をかけていただけることにも、大きなやりがいを感じています。入社してすぐの頃は、営業の方から仕事を任されることはありませんでしたが、少しずつ「お客様に見積書を送っておいて」といった依頼を直接いただけるようになってきました。「頼ってもらえているんだな」と嬉しい気持ちになりますし、頼まれたときはミスがないように丁寧に処理するように心がけています。

会社の雰囲気・職場環境

周りのサポートが手厚く、いつも誰かに見守られている安心感がある職場です。たとえば、私が悩んだり困ったりしていると、主任や先輩がすぐに「どうしたの?」と声をかけてくださいますし、珍しい商品を受注したときには、みんなで協力してカタログやパソコンで調べるのを手伝ってくださるのでとても助かっています。
また、仕事でミスをしても「どうすべきだったのか」と的確にフィードバックしていただけるので、とても勉強になります。自分としては、一度質問したことやアドバイスを受けたことは、二度と聞かないように気をつけていますが、いつも上司からは「わからないことは何度でも聞いて良いよ」と言われています。同じ質問をしても嫌な顔をせずに教えてくださいますし、入社してから怒られたことは一度もありません。
メンバー全員のスケジュールを共有し、お互いの休みを把握しているので、有給休暇も取りたいときに取ることができます。私の取得日数を見て「もっと休んだら?」と先輩たちが声をかけてくださることもあります。残業もほとんどなく、とても働きやすい環境だと感じています。

入社後のキャリアパス
2019年3月 入社
2019年4月 現在所属している営業所に営業事務として配属
※上記は取材時点の情報です。